関西支部だより

寄稿

ポスト・パンデミックの都市空間

Vol.35特集記事の第7弾として、矢吹剣一さん(現:東京大学先端科学技術研究センター 、前:神戸芸術工科大学環境デザイン学科)に寄稿いただきました。
2021年3月

支部長挨拶「コロナ以降の新しいエコシステムに向けて」

世界中がコロナ禍に見舞われて1年余。効率性・利便性を追求するあまり時間に追われて人は知らず知らず豊かな生活スタイルとは何かを忘れかけてきた...
2021年3月

2020年度支部委員会報告

1. 総務委員会 2. 企画委員会 3. 国際・交流委員会 4. 関西まちづくり賞委員会 5. 研究発表委員会 6. 大規模災害からの都市復興の再検証と知識の継承専門委員会 7. 関西支部30周年特別委員会 の各委員会報告
2021年3月

阿部⼤輔さんに聞く オーバーツーリズムを振り返る

これまで京都を中心として、世界各国のオーバーツーリズムの問題について研究されてきた阿部大輔さん(龍谷大学)にインタビューを行いました。
2021年3月

東博暢さんに聞く 都市のスマート化の現在と未来

私たちはデジタル技術にどう向き合っていけるのか、各地のスマートシティ推進に携わる東博暢さん(株式会社日本総合研究所)に最新の動向を伺いました。
インタビュー

村上豪英さんに聞く ソーシャル・ディベロップメントの可能性

神戸を中心に公園や広場などの場づくりに取り込まれている村上豪英さん(株式会社村上工務店代表取締役ほか)にインタビューを行いました。
寄稿

自分らしいライフスタイルを実現できる居住地としての郊外へ

特集「コロナ以後の新しいエコシステム」の第3段として、福本優さん(兵庫県立人と自然の博物館)に寄稿いただきました。
インタビュー

岸本千佳さんに聞く 不動産プランニングの可能性(京都)

特集「コロナ以後の新しいエコシステム」の第2弾として、岸本千佳さん(不動産プランナー、アッドスパイス代表)にインタビューをおこないました。
対談・鼎談

「これからの地方・農村の可能性」

特集第1弾として「これからの地方・農村の可能性」をテーマに、佐久間康富さん(和歌山大学)×山崎義人さん(東洋大学)×嵩和雄さん(NPO法人ふるさと回帰支援センター)で鼎談をおこないました。
関西支部だより

2020年3月号/「健康なまち」をつくる

目次から各記事を閲覧できます
2020年3月号

支部長挨拶 「健康なまちをめざして」

_神戸芸術工科大学・小浦久子
阪神淡路大震災から25年が経った。大けがをした神戸のまちもようやく身体が動くようになりリハビリが進んだ。元気になってくると、つい無理をしてしまう。同時多発的に始まった都心の開発は、気がつくと体力を...
2020年3月号

健康なまちをつくる

_大阪医科大学・本庄かおり
本稿では、「健康なまちをつくる」をテーマに、都市計画と公衆衛生領域の協働の重要性を示した上で、これまでに示されている環境と健康の科学的エビデンスを基に健康なまちをつくるためのヒントについて考えてみたい。
タイトルとURLをコピーしました